セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

日本と海外のテーブルマナーの違い6か国徹底比較

スポンサーリンク

ご飯を食べるとき、マナーに気を遣っていますか?きれいな食べ方をする人って素敵ですよね。日本には箸や食器の持ち方に関するマナーがありますが、海外ではどんなテーブルマナーがあるんでしょうか?6か国のマナーについて調べてみました。 

 White Tableware

テーブルマナー

テーブルマナーとは

そもそも昔は、みんな手づかみで食べてマナーなんてありませんでした。上流階級の人たちが食事を楽しむために発明したものです。それが一般庶民に伝わり、現在のテーブルマナーができました。

テーブルマナーは長い時間をかけてできて、その国の文化の影響を受けています。テーブルマナーを身に着けることは、その国の文化を尊重するということにもつながります。

 

テーブルマナーを身に着ける目的

テーブルマナーに従って食事をする目的は、みんなで気持ちよく食事することです。一人だけ場にそぐわない食べ方をしていたら、気になって食事に集中できませんよね。テーブルマナーを守ることは、周りへの気遣いと同じです。

海外旅行するときにも、その国のテーブルマナーを守りましょう。外国人が日本で食事するとき、きれいにお箸を使っていたり、米粒一つ残さず食べたりすると嬉しいですよね。それと同じであなたがその土地のテーブルマナーを守っていたら、きっと現地の人も喜ぶはずです。

 

スポンサーリンク
 

世界のテーブルマナー6か国

韓国

Gyeongbokgung Palace, South Korea

大勢での食事会では、到着したら年長者に目を合わせずにお辞儀して挨拶をします。韓国は儒教の国なので、上下関係が日本よりも厳しいです。さらに食事は年上が先に食べて、乾杯のグラスは年上の人よりも下でします。乾杯のグラスの位置は日本も同じですよね。

食器は持ち上げずに、机に置いたまま食べます。スープのお椀も持ち上げずにスプーンで食べます。昔テレビか何かで聞いたんですが、牢屋に入っていた人は机がないから食器を持ち上げて食べていた。だから食器を持ち上げて食べるのは、机の無い人っぽいからダメらしいです。違うかも。

 

フランス

フランスでは食事で出されたパンはナイフで切らず、手でちぎります。大きいパンは予め切ってから出すと思いますが。また友達と食事をするときは、パンで皿を拭いて残さずに食べます。全部残さず食べるほどおいしかったよという意味になるそうです。

 

南米

南米ではワインは床に数滴落とすそうです。それは大地の恵みに感謝という意味になるそうです。日本でも食事のときじゃないですが、お神酒を土にかけるときありますよね。それと、ちょっと似ているのかな。

 

カナダ

カナダでは食事会に遅刻するのがマナーだそうです。先日カナダ人たちと食事したとき、結構遅れてきたもんな・・・

www.rimaco.work

 

スポンサーリンク
 

チリ

チリでは絶対に手を使って食べないそうです。フォークとかスプーンを使うみたいです。たぶんピザもナイフとフォークを使うんでしょう。手を使うと食べる前と後にしっかり洗わないといけないから、チリのテーブルマナーはいいかもしれませんね。

 

中国

China Town

中国では食べた後の食器を汚いままにします。ご飯は残したらダメだけど、おかずはちょっと残すくらいがいいです。残すのはマズかったというのではなく、食べきれないくらい出してくれてありがとうという意味だそうです。

日本人としては出してもらった食事を残すのは気が引けます。ちょっと残すから食べ過ぎなくて、ダイエットになるかもしれませんね。

 

マナーを守って楽しく食事しよう

今回は6か国のテーブルマナーについてまとめてみました。日本のものとは違っていておもしろいですよね。海外旅行する際は、事前にその国のマナーについても調べておきましょう。

次はフィリピンのテーブルマナーについて、英会話講師から聞いたものを書きます。 

 

 

 【参考にしたサイト】

Table manners around the world | Fox News

10 American Table Manners That Are Totally Rude Abroad

Ukraine from Global Etiquette: Manners in 10 Countries (Slideshow) - The Daily Meal