セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

マレーシア留学を断念した話(社会人)②:成績証明書

スポンサーリンク

前回の続きです

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

前回の記事で、マレーシアの大学は高校の成績証明書があれば入学できるとお話ししました。

結論から言うと、

私はその成績証明書の発行ができませんでした。

Woman Crying

 

 

高校の成績証明書の保管は卒業後5年間


なぜかというと、公立高校は卒業後5年までしか個人の成績などに関する情報を保管する義務がないそうです。
私は卒業してから5年以上経ってしまったので無理・・・
(数年前に部屋を大掃除したときに、高校の成績証明書を捨ててしまいました。)

マレーシアの大学は何年前であっても、日本語であっても、成績証明書を受け付けてくれるそうです。(各大学に問い合わせてください。)

ファウンデーションコースから始めようかと思ったのですが、高校の成績証明書がなければファウンデーションコースにも入れないそうです。

高校の成績証明書がないと、学生ビザの発行ができないそうです。(大学担当者より)

こうして私のマレーシアへの道は断たれたのでした。

スポンサーリンク
 

 

マレーシアの大学の返信

 ちなみに・・・
私が問い合わせた大学の返信の速さ

 

1. Sunway大学

大学のHPの問い合わせホームから英語で質問内容を送信します。
いつも次の日には返信が来ました。
とても丁寧で早いですね。

 

2. アジアパシフィック大学 APU

問い合わせしてから1か月後くらいに返信が来ました。
それからは、ほぼ1日以内に返信が来るようになりました。
担当者まで問い合わせ内容が伝わるのが遅いのかな?
一番親身に相談に乗ってもらいました。

 

3. INTIインターナショナル大学

最初の返事は即日でした。
問い合わせホームに電話番号を記入したら、なぜか電話がかかってきました。
電話で対応するのが不安だったので、電話には出ませんでしたが
そのあとメールで回答が得られました。
それからのやり取りは、返事に1週間以上かかりました。
結局一番知りたいことの回答はもらえず・・・

スポンサーリンク
 

 

思い立ったが吉日!!

Green Arrow on Stairs

思い返せば、高校生の頃から留学には興味がありました。

でも留学っていうと、とてもお金がかかるイメージで諦めていました。18歳で一人で海外に出るっていうのも怖かったし。

あのとき、もっと勇気をもって行動に移していれば。。。

もっとリサーチをすれば。。。

今、こんなふうに苦労しなくて済んだんですけどね。

やりたいことは後回しせず、今すぐ手に入れられるように行動しましょう。

 

マレーシアは無理だったけど、フィリピンという希望を見いだせたのはオンライン英会話の講師のおかげでした。

 

www.rimaco.work