セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

夢をかなえるために大切なたった1つのこと

スポンサーリンク

先日、ついにフィリピンの大学に合格しました。今までの人生で一番時間をかけて、一番がんばった。フィリピンの大学留学までの準備を通して学んだ、夢をかなえるために大切なたった1つのことをシェアしたいと思います。

 

 

結果がすぐに出ないと諦めていたあの頃

Close-up of Teenage Girl

今振り返ってみると、私は近道ばかり追い求めている生き方をしていた。大学選びもそう。 高校時代は理系クラスだったけど、数学III、数学C、物理が難しくて(勉強が面倒くさくて)、大学入試ではそれを避けた。でも有名ないい大学に入学したくて、入学試験が簡単な学部を選んだ。

大学留学も最初は入学試験がないマレーシアを選んだ。でも結局、書類が手元になくて行けなかった。

今までたくさんのことに興味を持ったけど、すぐには上手にならないから三日坊主で終わったものが部屋にたくさんある。『なんで続かないんだろう。』そう自分を責めてばかりいた。

 

先生から教わった大切なこと:忍耐

マレーシアの大学に入学できなくて絶望したとき、英語の先生から言われたこと。『そんなに簡単にできると思ってたの?』何か新しいことを始めるとき結果を早く求めるんじゃなくて、必要なのは正しい手順と時間をかける忍耐力。

そんな先生も大学院留学しようとしたけど断念。良い給料を得るために、大卒ながら看護師資格を得るために高校に再入学して勉強をしている。夢をかなえるためには、近道せずに遠回りでもいいから、長い時間コツコツできる忍耐力が必要なんだ。

 

スポンサーリンク

 

 

簡単にはできないからこそ達成感がある

Photography of Woman Surrounded by Sunflowers

大学留学しようと決心してから2年、フィリピンに留学しようと決めてから1年。途中で心が折れそうになったことは何度もあった。そのたびに自分に言い聞かせこと。『何事も時間がかかる。早まったらだめ。』

もし自分がマレーシアに簡単に留学できてしまったら、有難みがなくなってしまっただろう。そして、また面倒だからという理由で勉強をサボって楽な方へと流れてしまうと思う。

まだフィリピン留学生活が始まっていないけど、これだけは言える。私はあえて大変な道を選ぶ。大変なことを乗り越えた先には、大きな成功そして喜びが待っているのだから。

 

一人でしない。周りの協力を得る

夢をかなえるには”たった一人”で努力しないこと。私の心が折れそうなとき、何度も友人に助けてもらった。1つの道が閉ざされたとき、先生が他の道を示してくれた。

一人だと考えが限られてしまうけど、友人や家族の協力を得れば無限の可能性が広がる。だから何か目標があるのなら、それをみんなに語ってほしい。

 

スポンサーリンク

 

 

時間をかけて少しずつ進めれば達成できる

Brown Hourglass on Brown Wooden Table

高校生の頃の私に言いたい。

『人生、そんなに甘くないよ。たまには通り道をしないと、この先やばいよ』

こんなことに気づくのに時間がかかってしまったけど、今この忍耐の大切さに気付けて良かったと思う。まだまだこれから先の人生は長いから、いろんなことに挑戦し続けていきたい。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村