セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

【セブ】進化する私の交通手段。ジプニーで危ない体験!

スポンサーリンク

ついに一人でジプニー乗れました。そしてバイクタクシーにも挑戦しました。ジプニーで危ない体験をして、バイクタクシーのドライバーと良い感じになったので書きます。

Photo of Parked Motorcycle

Jmallからタランバンのジプニー

Jmallからサンカルロス大学周辺に行くには、”Talamban”と書いてあるジプニーに乗ればいいそうです。10ペソ渡して何も言わなかったら、おつりをもらえませんでした。おつりが出るときは、ちゃんと伝えましょう。

プロのフィリピン人はジプニーから降りるときに“チューチュー”言います。チューっていうんじゃなくて、口をチューチュー鳴らします。これで運転手さんに降りますよという合図を送っているそうです。私はコインで手すりを叩くスタイルを選びました。

空気が悪いので、マスクは必須です。のどが弱い人は傷めそうです。

 

スポンサーリンク

 

夜にジプニーに乗ったらダメな理由

夜はジプニーに絶対に乗るなと言われていますよね。先日、夜7時頃に友達をジプニーに乗って危ない目に遭いました。タランバンのGrand mallからサンカルロス大学方面にジプニーに乗ったら、小学生くらいの子供が3人乗り込んできました。見た目からストリートチルドレンだなとわかる感じです。ラップみたいな言葉を発していました。

ストリートチルドレンたちは無銭乗車しても、運転手からは何も言われていませんでした。友達の前に座った子供は下唇にピアスをしていて何かを食べていました。急に私の友達に向かって何かを投げる素振りを始めました。結局何も投げなかったんですが、怖かったです。

乗客は他にもいましたが、人がいても堂々と襲って財布を奪い取ることがあるそうです。もしそうしても、誰も助けてくれはしないらしい。友達と一緒だから大丈夫かなと思っていたんですが甘かった。現地人の友達も、夜は友達を割り勘でタクシーに乗るらしい。

カナダでは石を投げられそうになりました。

www.rimaco.work

 

バイクタクシーに挑戦。オッサンと私の近づく距離

Silhouette of Couple Standing during Nighttime

一人でジプニーを乗りこなせるようになったので、バイクタクシーに挑戦しました。ジプニーを待っていたんですが、なかなか来なかったのでしょうがなく。。。

値段は100ペソスタート。粘って50ペソまで下げましたが、かわいそうになったので60ペソあげました。

すごく親切なおっさんで、初心者の私にも優しく足の置き方を教えてくれました。交通渋滞が激しかったので、そんなにスピードは出していなかったんですが怖かった。そんなビビりな私のために、おっさんはたくさん話しかけてくれました。おっさんと私。近づく心の距離。

またバイクが停止する度に、体が前に動くので近づく私たちの物理的な距離。

オッサンの名前はMarkでした。もう降りるころには恋人かってくらい親密になっていましたが(嘘)、Markは『また会えるといいね』といってクールに去っていきました。去り際がハンサム

 

www.rimaco.work

できればタクシー乗りたい

できることなら毎回タクシーに乗りたいんですが、無職なので節約したい。慣れると気が抜けてしまいますが、危ない人がたくさんいます。語学留学をしている人はGrabのアプリをインストールして、使うのをおすすめします。そんな私は今日もジプニーで出かけます。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村