セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

【セブ】観光ビザ延長と無事なオッサン

スポンサーリンク

私は大学で勉強するために学生ビザを申請する予定です。でも学生ビザ申請に時間がかかるかもしれないので、観光ビザを延長するように言われました。

Brown Passport

観光ビザ延長方法

私はJmallの移民局で観光ビザ延長申請をしました。それについては、このブログに詳しく書いてあります。語学学校の人がいろんな手続きについて詳しく書いてくれているので、とてもありがたいです。

私は7月という観光シーズンの真っただ中で、10時半くらいに行ったので時間がかかりました。全部で2時間くらい。

 

無事なオッサン

Man Wearing Sunglasses

移民局にはいろんな人がいました。中国人、韓国人、日本人、白人etc 可愛い女子を連れた白人が結構来ていて、羨ましかった。可愛い兄ちゃんはいなかったです。

ブログタイトルにも書いた通り、無事なオッサンの何が“無事”かっていうとタトゥー。オッサンのタトゥーが“無事”で、場所が首の後ろ。信じられないですよね!?5センチくらいの文字で無事が横に書いてあるんですよ!文字は黒です。何がいいんだろうか。線がたくさんあるのがカッコいいんですかね?

そんなパンチの効いたオッサンの連れの女子も、なかなか個性的でした。タトゥーがやばいオッサンですが、この後すごい活躍をします。

 

スポンサーリンク

 

白人おっさん、キレる

私は早朝の便でセブに着いて、チェックインまで時間がたくさんありました。なので2時間待ちましたが、時間が潰せてラッキーと思っていました。

ある白人おっさんは違ったようで、窓口に文句を言いに行っていました。『俺はこんなに待ってんのに、どれだけ待たせるねん!お前らちゃんと仕事してんのか?あとどんだけ待たせるんやい!』

誰も怠けてないんですけどね。移民局の人たちは、休みなくずっと働いてくれていました。文句を言った白人おっさんのせいで、その窓口の仕事が止まってしまい、余計に時間がかかる悪循環。

白人おっさんが去った1分後くらいに、呼ばれてました。あとちょっと待ったら良かったのに。文句を言いに行った後、外に出てしまったのでアナウンスが聞こえません。そこであの無事なオッサンが登場!一部始終を“やれやれ”と聞いていたオッサンは、外まで文句オッサンを呼びに行ってあげていました。

文句オッサンは人が変わったように、職員と無事オッサンにサンキューと言っていました。しかし、文句を受け付けた職員には何も言わずに・・・おい!クレーム対応って、どこの国でも大変なんですね。

 

フィリピンでは時間がかかる

海外では何事も時間がかかるのを見越して行動します。ジョリビ―でハンバーガーを頼むと5分待ってと言われる(早いときもあります)、直前でレジが交代してお金の交換し始める、友達はいつも遅れる。怒ると余計に暑くなるから、キレません。予測不可能なことがたくさんあるので、予定は1日1個くらいがちょうどよさそうですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村