セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

セブでアパート探し

スポンサーリンク

ブログを書くまで少し期間が空いてしまいましたが、毎日目標以上のアクセスがあって嬉しいです。イヒヒ

最近はセブ島に来て、アパートを探して、家電とか家具をそろえたり、忙しく動き回っていました。たくさん動き回っていたので疲れてブログを更新しませんでしたが、やっと落ち着いたので、大学が始まるまでの間ぼちぼち更新していこうと思います。

今回は私のアパート探しについて書こうと思います。フィリピン人の友達に手伝ってもらいました。

Bedroom Interior Setup

大学寮が嫌な理由

まず私は別にアパートを探さなくても良かったんです。大学入試のときにタランバンキャンパスにある大学寮に申し込みをしていました。ですが部屋が古くて、私が住みたくないレベル。プロのフィリピン人なら大丈夫ですが、私はプロの日本人なのでちょっと無理でした。アパートが見つからなければ、最悪は寮に住むことにしました。

 

スポンサーリンク

 

アパートの探し方4つ

フィリピンの不動産の探し方は4つあります。日本みたいに不動産屋さんがあるわけじゃないそうです。

 

1 不動産サイト

まず1つ目は不動産サイトです。“地名+アパート”を英語で検索すると出てきます。そのサイトに載っている電話番号で直接オーナーとやり取りするか、仲介業者とアポを取ります。オーナーに直接連絡してみましたが、返信がありませんでした。またエージェントを通すと仲介料が発生するので、あまりおすすめできないとフィリピン人の先生に言われました。

 

2 Facebook

Gold Iphone 6 With Note Pads

2つ目はFacebookのグループです。アパートを借りたい人と貸したい人向けのグループがあります。そこに部屋を探していると投稿するか、投稿されたものから気に入った物件があればメッセージを送ります。

セブの中心地の物件はたくさんあったんですが、私の大学周辺はあまりありませんでした。

 

3 グーグル

3つ目はグーグルです。まずグーグルで自分の住みたいエリアを検索して、そこで”apartment”と検索します。そうすると周辺にあるアパートが出てきて、アパートの連絡先が載っている場合があります。スマホの電話番号が載っていれば、連絡します。テキストを送ったんですが、セブ語で返事がきました。マニラの先生はセブ語が読めないので、友人に解読してもらいました。

 

4 現地で直接

1、2、3の方法を試しましたが、結局歩いて見つけました。フィリピン人講師曰く、ネットに出ていないアパートがあるから、絶対に現地で直接アパートを探すのがいいらしいです。

サンカルロス大学周辺は他にもいろんな大学があるので、アパートの空きを見つけるのが大変だそうです。私は友人と一緒に10件以上回りましたが、ほぼ満室でした。空室がたくさんあるアパートも、そこは危ないという噂があり、友人からダメと言われました。Wi-Fiとキッチンがあって最高なんですけどね。他にもあそこは○○人がいっぱいいて、うるさいからダメっていうアパートもありました。

アパートの前に”for rent tel.○○・・・“という貼り紙があって、そこに友達に電話してもらいました。なのでアパートを探すときは、通話もできるsimのプランを契約しておくのがおすすめです。貼り紙がないときは、管理人に直接聞きました。全部友達がセブ語で聞いてくれました。

 

スポンサーリンク

 

サンカルロス大学、タランバンキャンパス周辺

サンカルロス大学周辺の物件は大きく分けて2つのタイプがあります。

 

ドミトリー(寮)

1つ目はドミトリーです。寮なのでキッチンはありません。個室でトイレとシャワー付き、大部屋でベッドだけというものがありました。値段は3,000ペソから12,000ペソ。きれいな寮はまだ空きが1つありましたが、キッチンなし。写真付きの身分証明書がないと、部屋の中を見せてもらえませんでした。なぜか持っていくのを忘れてしまった。

 

アパート

2つ目はアパートタイプです。アパートはキッチン付きですが、コンロがないので自分で買う必要があります。日本のアパートだとクーラーとコンロが最初からついてきますが、フィリピンでは自分で買うみたいです。

 

スポンサーリンク

 

やっと見つけた私のアパート

f:id:rimaco_writer:20190728124933p:plain

10件以上アパートを見て、あきらめかけたときに最高のアパートを見つけました。フィリピンにはフェンスで囲まれて入り口に警備員が立っている住宅地があります。私のアパートもその住宅地の中にあります。友達が警備員さんに空きのあるアパートはないか聞いてくれたら、警備員さんが場所を教えてくれて中に入れてくれました。

たまたま場所を聞いたおばちゃんがメイドちゃんでした。警備さんが教えてくれたアパートとは違いますが、1部屋空きがあったのでここに決めました。このアパートはどこにも募集を出していないそうです。

私のアパートは新築で、この部屋を使う最初の人はワ・タ・シ。部屋の壁がクリーム色で、朝は日がしっかり入ってきます。明るすぎて寝坊できない。大家さんがすごくフレンドリーで、みんなと家族みたいになりたいそうです。なんでも聞いてねと言ってくれました。今度、大家さんの誕生日会があるそうなので、それについても後日ブログにしたいと思います。

こんな最高な物件ですが、残念な点が3つ。

  • トイレの便座がない
  • トイレを手で流す
  • シャワーがない。

トイレの水は水道をバケツにためて、それを流します。トイレの前に水道の蛇口があって、それで体も洗います。水しか出ない・・・サバイバルスキルが上がりそうです。

 

セブでローカルなアパートを探すのは現地人の助けが必要!

私は幸運にも大学のすぐ近くに住んでいる友達がいて、その子が一緒に探してくれました。“あのアパートはうるさい”“あそこは危ない”とか地元民しか知らない情報をたくさん教えてくれたので、とても助かりました。

アパートが見つかった翌日に、友人と一緒に電化製品と日用品を買いに行きました。後日、ブログに書きます。