セブ島の女子大学生ブログ

日本産日本育ちの管理人がセブ島の大学に留学。脱サラ大学留学ブログです。

海外旅行で気を付けること13選

スポンサーリンク

海外って危ないですよね。海外旅行をしたいけど、できるだけトラブルに巻き込まれたくない。私は今まで数か国に訪れたことがありますが、幸い今までトラブルに巻き込まれたことはありません。海外では日本では考えられないような犯罪やトラブルがあります。今回は私が海外旅行するときに気を付けていることを紹介します。

 

 Blue and Yellow Plastic Toy Revolver Pistol

①野良犬or野良猫に触る

 特に発展途上国でやっちゃいけないのが、野生の動物に触ること。発展途上国は野良猫や野良犬が多いです。なぜかというと狂犬病の予防接種を受けていないことや、何か変な病気を持っている可能性があるからです。

先日、日本のニュースでも取り上げられましたが、フィリピン旅行中に犬にかまれたノルウェー人女性が狂犬病で死亡しました。犬がかわいそうだと思っても、絶対に手を出さないようにしましょう。旅先で動物を助けたとしても、自分の国に連れて帰るのはほぼ無理です。ちょっとだけ優しさを与えたあと、置いて帰るほうが酷ですよね。

www.afpbb.com

 

②ポケットにスマホ(特にiPhone)を入れる

ズボンの後ろのポケットに入れると、盗られます。前ポケットに入れると、タクシーから降りるときに車内に落とします。フィリピンではiPhoneがよく狙われるそうです。

車内に落として降りた後に気づいても、運転手はわざと知らないふりをして走り去ります。日本人はiPhoneが好きで、多くの人が持っていますよね。外で使うときは、くれぐれも注意しましょう。 

 

③ショルダーバックを歩道側に掛ける

 海外旅行するときはハンドバックではなくショルダーバッグを使うべき、と旅行本やいろんなHPに書いてありますよね。ショルダーバックのカバンは体の正面に来るように掛けて、道路側にならないようにしましょう。ひったくられるからです。

ショルダーバックをひったくられたら、体ごと持っていかれてけがをします。海外でケガをして保険に入っていなかったら、莫大な治療費がかかります。運が悪ければ大きな障害が残ります。

 

④歩きスマホ

Bokeh Photography of Person Holding Turned-on Iphone

歩きながらスマホをいじるとスマホに意識が持っていかれるので、周りの変化に気づきません。 誰かに奪われます。

道でどうしてもスマホを使いたくなった場合は

  1. まず前後左右に誰もいないことを確認し
  2. 道路側に背を向け
  3. スマホを隠しながら

使いましょう。iPhoneユーザーの方は、iPhoneだということを周りの人に気づかれないように、十分に気をつけてください。

 

スポンサーリンク
 

⑤地図を見ながらキョロキョロする

キョロキョロしていると土地勘のない旅行者に見えます。韓国で日本語が喋れるノリ屋のおばさんにつかまって、店に連れていかれました。地図はスマホに入れて使うか、ある程度道順を頭に入れましょう。

若干早歩きで、自信ありそうな感じ。地元の人間っぽい感じで歩きます。独りで歩くときは、ちょっとイライラしている表情を作ります。そうするとアメリカでは誰も話しかけてきませんでした。

 

⑥大金を財布に入れる 

大きなお金財布に入れていて、財布を盗まれるとダメージがひどいです。金銭的にも精神的にも。お金を持ち歩く場合は小分けにしましょう。財布に入れる分と、首から下げる財布に入れる分。

 おすすめなのはパスポートも入れられるコチラのケース。首から下げるときは服の中に入れましょう。飛行機の中でも寝ている間に盗まれる可能性があるので、首から下げるポーチに入れるのがおすすめです。

 

⑦財布に免許証、保険証など全部入れたままで行く

 結構、外国人の財布って、診察券とか普段使っているままで持ってくる人が多いんです。そして財布を置き忘れる。カードをたくさん入れていると、盗まれたときに止めたり再発行したりする手続きが大変です。不必要なものは日本に置いていきましょう。

 

⑧テーブルの角にスマホを置く

テーブルの角にスマホを置くと、目を離したすきに盗まれます。R子に注意されました。友達と一緒にいるときは、安心して不注意になりがちです。外にいるときは、いつでも警戒心100%を心がけましょう。 

 

スポンサーリンク
 

⑨高価なアクセサリーをする

Silver-colored Bracelet With Clear Gemstones

高価なアクセサリーを身に着けていると、お金持ちに思われます。または千切られます。 リオオリンピック期間中にネックレスを千切られる動画を観ました。旅行中にオシャレをしたい気持ちは分かります(私もオシャレしたい)、でも身の安全のためにできるだけ貧乏そうな恰好をしましょう。

 

⑩人気(ひとけ)のないところを歩く

人がいないのには、それなりの理由があります。誰も見ていないから、何かあったとしても助けてもらえません。大きな道路、きれいな街並みのところを歩きましょう。

 

⑪知らない人に付いていく。仲良くなった人を信じる

 友人から聞いた話なんですが、ヨーロッパでちょっと仲良くなった人とクラブに行ったそうです。そこで全部払わされたらしい。海外で友達を作るのは楽しいし、いい思い出になります。ですが初対面の人を信用しすぎるのは危ないです。私は日本人に見られないように流行の服装を避けて、自分の国籍もなるべく言わないようにしています。

 

⑫夜に出歩く

韓国では夜遅くまで東大門で買い物をしますが、夜に出歩くのは基本的におすすめしません。アメリカでは「夜で歩くと刺されちゃうよ」と友人に言われました。ナイトクラブとかバーとか、夜ならではの楽しいことがたくさんあります。楽しいけど、危険もたくさんあることを忘れずに。

 

スポンサーリンク
 

⑬電車、バス、タクシーで日本語で大声で話す

日本で外国人に公共の場で騒がれるとウザいですよね。それと同じです。誰も日本語知らないでしょと思っても、意外とちょっと分かる人がいるんです。公共交通機関では、できるだけ存在感を出さないようにします。

またタクシーの運転手と仲良くなるのも危ない気がします。日本人=お金持ちなので、怪しいところに連れていかれるか、不当に高い料金を要求されます。フィリピンではぼったくられないように、Grabを使いました。

www.grab.com

 

自分の身は自分で守ろう

私が海外旅行するときに気を付けることは、やりすぎかもしれません。でも、これくらいしたほうが安心です。安全に楽しく海外旅行しましょう。みなさんの参考になれば幸いです。

 

旅行前に英会話を習うならBest Teacher

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

www.rimaco.work