セブ島の女子大学生ブログ

日本産日本育ちの管理人がセブ島の大学に留学。脱サラ大学留学ブログです。

カナダで石を投げられそうになった話

スポンサーリンク

カナダって、あのCanadaです。2年前に一人でカナダのバンクーバーを旅行したときに石を投げられそうになりました。カナダは治安が良くて日本人の留学先として有名ですが、こんなこともあるんだよという感じで読んでみてください。

 

 Canada Flag With Mountain Range View

ファッキンメクシケン、ゲダドブヒーア

それは日曜の夕方5時ごろでした。人通りのまあまあある通りを歩いていると、後ろから男性の声が聞こえてきました。

ファッキンメクシケン、ゲダドブヒーア

その男性はFuckin Mexican, get out of here.(クソメキ〇コ人、ここから出てけ)と叫びました。最初は聞き間違いかなと思ったんですが、本当に言っていたんです。私はどちらかというと韓国系の顔立ちなので、私のことじゃないことはすぐに察しがつきました。運悪く、私のすぐ後ろにメキシコ人が数人いたんですよね。

 

スポンサーリンク
 

顔色悪めの白人おっさん

その声の主は顔色悪めの白人おっさんでした。白人おっさんは髪が耳にかかるくらいの長めでした。そして身長が高めです。衝撃的過ぎて、今でも顔を鮮明に思い出せます。頭がおかしい人っぽかったので、変なハーブを吸っている人か入院しなきゃいけないレベルの人だったのかもしれません。

 

おっさん、石を投げようとする

Black Stone

おっさんは悪い言葉を言った後、近くの花壇にあった石を投げようとしてきました。私はそのとき信号待ちをしていました。過去にカナダに留学していた友人から、信号無視をすると罰金を取られる話を聞いていたので、ちゃんと待っていたんです。

ちょうど私の後ろにメキシコ人たちがいて、おっさんの石を投げる方向に私もいました。怖くて逃げだしたかったんですけど、なぜか信号だけは守らなきゃって思ったんです。

それは一人旅3日目で、あと10日ほどカナダとアメリカを旅行する予定でした。もう石が頭に当たって死んだと思いました。ですが、それはおっさんのパフォーマンスだったようで石は花壇に戻してくれました。

 

おっさん、胸ぐらをつかむ

信号が青に変わったあと、私は全力で早歩きをしました。怖かったけど頭の中は冷静で、相手を刺激しないように競歩でその場を去りました。おっさんたちとある程度の距離ができてから振り返ると、おっさんはメキシコ人男性の胸ぐらを掴んで殴り掛かっていました。その後は知りません。

 

スポンサーリンク
 

カナダの移民感情

私がカナダに旅行したのは、トランプ大統領が移民政策をしているときでした。アメリカに行けなくなったメキシコ人たちがカナダに流入してきていたようです。カナダ人全員が移民に対してネガティブな感情を持っているわけではないそうです。現にカナダは今後3年間で100万人の移民を受け入れる政策を決定しています。

www.cnn.co.jp

この件をカナダ人講師に意見を聞いてみたら

  • おっさんは白人だから、自分も移民だろ
  • たくさん移民が来ると働いて、その分税金を払ってくれるから大歓迎

と言っていました。恐らく、これが善良なカナダ市民の考えだと思います。

 

安全だからといって油断できない

People Standing Beside Black Pickup Truck

バンクーバーで危険なのはチャイナタウンだと聞いていて、他のところは安全だと思っていました。私がおっさんと出会ったのは大きな病院の前で、花壇があったのは大きいホテルです。カナダは安全と言われていますが、私が出会ったおっさんのような危ない人もいます。自分の身は自分で守りましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

www.rimaco.work