セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

フィリピンのLGBT事情。ドゥテルテはゲイだった?

スポンサーリンク

先日、同性愛について古代ヨーロッパと日本の歴史についてまとめたブログを書きました。

www.rimaco.work

私が進学する大学のあるフィリピンは性に関して比較的オープンで、LGBTの人が多いと聞きました。今回はフィリピン人講師に聞いた、実際のフィリピンでのLGBT事情についてまとめます。 

 Lgbt Flag

LGBTとは

 まずLGBTとはセクシュアルマイノリティの人たちのことです。LGBTは英語の頭文字を並べたものです。

  • L:Lesbian レズビアン(女性で恋愛対象が女性)
  • G:Gay ゲイ(男性で恋愛対象が男性)
  • B:Bisexual バイセクシャル(恋愛対象が男性と女性)
  • T:Transgender トランスジェンダー(手術で性別を変更した人)

 

LGBTQIA+もある

 LGBTとかLGBTQは最近、社会に浸透してきたので知っている人が多いかと思います。みなさんはLGBTQIA+を聞いたことがありますか?先日、大学のFacebookでこんなのを見つけました。 

 

セクシュアルマイノリティの権利向上のための行進がセブであったようです。

QIAとは

  • Q:Queer (クィア) or Questioning クィア(恋愛対象が同性でレズビアンとかゲイのこと。)クエスチョニング(文字通り悩んでいて、まだ自分の恋愛対象が異性なのか同性なのか分からない人。 )
  • I:Intersexual インターセクシュアル(女性器と男性器を両方持っている人)
  • A:Asexual アセクシャル(男性にも女性にも興味がない人)

 +はその他いろいろという意味だと思います。+があるということは、まだまだ新しい分類が増えそうですね。

 

日本のLGBT事情

 日本ではLGBTの芸能人が増えてきたり、同性パートナーシップを認める自治体がでてきたり、社会的に徐々に認められてきています。私の周りにはLGBTの人がいないため、まだテレビの世界の出来事のように感じて実感が湧かないのが本音です。

同僚でLGBTの人がいたら、最初はちょっとビックリすると思います。ニューハーフやゲイはテレビで見慣れているから受け入れやすいと思いますが、レズビアンはまだテレビでもそんなに見かけませんよね。女性の性に触れることはタブーみたいな感じで、もし友人がそうだったら困惑すると思います。

 

スポンサーリンク
 

フィリピンのLGBT事情

マニラ在住のフィリピン人講師に現地のLGBT事情について聞きました。

 

就職、進学には影響するのか?

Girls on Desk Looking at Notebook

まずLGBTとカミングアウトすることで、進学や就職に影響はあるのか。 全く影響はないそうです。フィリピン社会が西洋化されていて、社会がオーブンなんだそうです。昔からスペイン、日本そしてアメリカの植民地だったことから、異文化に関して寛容なんだそうです。

 

同性婚はできるのか?

セクシュアルマイノリティだからといって、進学や就職に影響はありませんが同性婚はまだ認められていないそうです。

5月に台湾では同性婚が合法化されました。台湾での合法化は他のアジアに国々に少なからず影響があるでしょう。フィリピンもその影響を受けて、将来的に同性婚が合法化されるのではないかと先生が言っていました。

台湾、同性婚認める法案を可決 アジア初 - BBCニュース

 

カトリックなのに、なぜオープンなのか?

 こちらの記事では、キリスト教の広まりとともに同性愛が受け付けられなくなったと書きました。

www.rimaco.work

フィリピン人講師はカトリックではなくて、フィリピンのキリスト教信者です。講師が所属する教会の聖書によると

  • キリスト教が台頭するまえから、すでに協会は存在していた。
  • 神という存在、単語はあったが、みんながそれを受け入れようとしていなかった。
  • それによっておかしくなって、性別関係なく恋仲になった。
  • キリスト教の広まりによって、みんなが正しく聖書を理解するようになり、同性愛がだめなんんだとみんなが認知しだした。

 

また、カトリックではゲイやレズビアンであること自体が罪だそうです。講師が所属するフィリピンのキリスト教では同性愛者であることに罪はない。ただ同性と恋愛関係になったり、行為をすることがダメだそうです。講師の信者仲間には何人かゲイの人がいるし、誰も彼らを仲間はずれにはしないそうです。

 

クラスには必ずゲイがいる。

私のフィリピン人英会話講師は教育学部出身です。フィリピンの教育学部は女性の割合がとても多いそうです。10年以上前、講師が学生だった頃はクラスの90%は女性で、10%男性。その10%の中の1%がストレートの男性だっただろうとのことです。

フィリピンではゲイが多いらしいので、もし留学中に好きになったらまずは女性が好きなのか、男性が好きなのかを見極める必要があります。手の動かし方でゲイかどうかわかるそうですが、私は初心者なので見た目だけでは判断がつかなそうです。

 

国立フィリピン大学は寛容。LGBTの学生に人気

国立フィリピン大学に1年間交換留学していた知人によると、フィリピン大学はLGBTの学生に人気だそうです。フィリピンでトップの大学なので、入学試験はとても難しいそうですがとても自由な校風だそうです。私が通う予定のセブ島の私立大学は私服着用が必須ですが、国立フィリピン大学は制服がありません。

フィリピン大学は自由な校風で、セクシュアルマイノリティにとても寛容なので、LGBTの学生は必死で勉強して、入学後は自由な学生ライフを楽しむそうです。 

 

スポンサーリンク
 

 フィリピンで人気のLGBT芸能人

フィリピンのイッコーさん:バイスガンダ

 テレビCM、映画、バラエティー番組に引っ張りだこのフィリピンで人気のタレントの一人がバイスガンダです。スラム街出身の苦労人だそうです。今は芸能活動以外にも化粧品とかいろんな事業をしているらしいです。イケメンの彼氏持ちらしい。ネットフリックスで映画が観れるので、興味のある方は是非。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yung natawag ka sa recitation tapos kunwari may alam ka.

JoseMarieViceral / Vice Gandaさん(@praybeytbenjamin)がシェアした投稿 -

 

 フィリピンの坂本ちゃん:Boy Abunda

 フィリピンの有名なテレビ司会者です。フィリピンでトップ5に入る有名な私立大学に通っていましたが、在学中にお父さんが亡くなって中退したそうです。なかなかの苦労人ですが、頑張って今やフィリピンでは知らない人はいないくらい(たぶん)の有名人になりました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Tito @boyabunda in #RenanPacson "shatranj" harness. °°° @twbaofficial #BoyAbunda

#RenanPacsonさん(@renanpacson)がシェアした投稿 -

 

Boy Abunda - Wikipedia

 

フィリピンのゲンキング:Paolo Ballesteros

 俳優やタレントとしてマルチに活躍しているのがPaolo Ballesterosです。めっちゃイケメンです。ゲイなのが残念で仕方ない。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

GOODMORNENG! bangon na mga laseng!!! trabaho na! 😂😘😛🍺🍺🍺

Paolo Ballesterosさん(@pochoy_29)がシェアした投稿 -

 

ざわちんみたいな、ものまねメイクが上手なことでも有名だそうです。これはワンダーウーマンのものまねメイク。メイクがとても上手で、インスタに写真をアップしているのでぜひチェックしてみてください。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

WONDER WOMAN makeup transformation woooh! #zenfonelive #liveStreamBeautifully #letsGoLive #GalGadot

Paolo Ballesterosさん(@pochoy_29)がシェアした投稿 -

 

ドゥテルテは自分でゲイを治した?

”フィリピン 同性愛”で検索していたら、こんな記事を見つけました。

www.newsweekjapan.jp

記事によると、大統領はゲイだったが自分で治したらしいです。これをフィリピン人講師に伝えると『こんなのは、ありえない。大統領は昔からモテモテで、それにユーモアのある人だからこれは冗談だよ』とのことでした。

しかも最近、ドゥテルテ大統領が直接選んだ美人のボディーガードに警備させているらしい。

https://www.philstar.com/headlines/2018/10/25/1863048/beauty-queen-cop-sofia-loren-deliu-new-duterte-aide

めっちゃキレイやん。。。

 

フィリピンはオープンだけど100%ではない

フィリピンはLGBTに関して、とてもオープンでみんなが認めているものだと思っていました。でもフィリピンにはカトリック信者が多いため、まだまだ完全には認められていないのが実情のようです。セクシュアルマイノリティの学生が自由を求めてフィリピンの最高学府を目指して猛勉強しているという事実もあります。みんなが平和で楽しく暮らせる社会になるといいですね。

 

フィリピンのLGBT事情について教えてくれた先生がいるのはBest Teacher。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村