セブ島の女子大学生ブログ

日本産日本育ちの管理人がセブ島の大学に留学。脱サラ大学留学ブログです。

【フィリピン留学生活】2週間目の感想。ペロ

スポンサーリンク

www.rimaco.work

大学留学生活開始から2週間が経ちました。もう2か月くらいたった気がします。2週間目の感想もまとめます。

 

 Grayscale Photography of Woman Holding Rosary

今週あったこと

授業の最初と最初にアーメン

私の通っている大学はカトリックです。マジのカトリック。だいたいの教室の壁に十字架が飾ってあります。一番驚いたのは、授業の開始と終わりにお祈りすることです。お祈りしない先生もいますが、ほとんどの授業でお祈りします。

お祈りの方法も先生によって違っていて、お祈りの音楽を聴いたり、生徒の代表がお祈りの言葉を言ったり、etc. お祈りするときにアーメンと言って十字を切るんですが、どのタイミングですればいいのか模索中です。アーメンは別に強制ではないらしいです。でも、せっかくだからアーメンしたい。練習します。

 

授業開始もフィリピンタイム

一部の先生が、いつも遅刻してきます。もちろん遅刻せずに、出欠を取る先生もいます。ゆるいのと、厳しいのと差が激しすぎる。柔軟なのはとてもいいですが、慣れてないから困ります。同級生は、なんとも思っていないようです。

柔軟性があるから、どこに行っても臨機応変に対応できるんだろうな。と尊敬せずにいられない。

 

スポンサーリンク

 

パプアニューギニア人とアフリカ人が判別不能

パプアニューギニア人に「卒業後はアフリカ帰るの?」と、とても失礼な発言をしてしまいました。本当に申し訳ない。パプアニューギニア人は肌の色が濃くて、髪がカールしているので、アフリカ人っぽく見えるんですよね。今後、パプアニューギニア人とアフリカ人の見分け方について研究したいと思います。

 

グループワーク難しい

Group of People Near Wall

今週は初めてグループワークをしました。周りに合わせるタイプなので、とりあえず意見が出てこない。みんなの会話を聞いているだけでした。しかもグループで、みんなの前で発表もありました。英語に自信がないし、発表するなんて緊張するし、結局うまくできなかった。クラスメイトは、まるでTedTalkのように自信ありげに、長く説明していました。惚れました。

最初からうまくできるはずなんてないし、私ができないのはただの練習不足。なので、これからちょっとずつ練習していこうと思います。まだオンライン英会話を続けているので、自分の苦手なところを先生に指導してもらうつもりです。以前、セブの大学で教えていた英会話の先生もいて、大学の課題のやり方とか仕組みについても教えてもらっています。

 

 

今週覚えたセブアノ語

先生がチョイチョイセブアノ語を話すのと、クラスメイトもセブアノ語を話すので、勉強始めました。

 

1.ikaw gwapo/gwapa(イカウ グアポ/グアパ)

「あなたはハンサム/きれいです。」

ikawが「あなた」

gwapoが男性に対して「ハンサム」

gwapoは女性に対して「きれい」

セブの人に言うと喜ばれます。 

 

2.pero(ペロ)

「でも」

会話の中で、絶対に1回は出てきます。英語を話していてもペロと突然言ったりします。めっちゃ便利です。

 

3.pera(ペラ)

Brass Round 7 Stack Coins

「お金」

ペロに似ていますが、意味が全く違います。

 

4.diba?(ディバ?)

英語でいうとright?みたいな意味です。「だよね?」みたいな感じです。

これもperoと同様、よく聞きます。とくに授業で、よく先生がいいます。

 

スポンサーリンク

 

5.uli nako(オリ ナコ)

「帰るね」

学校が終わって家に帰るときにいいます。このオリナコっていうフレーズが好きで、わざわざ遠くにいる友達に言いに行きます。

 

6.am ping(アン ピン)

 「気を付けて」

オリナコと言われたら、その返事でアンピン(気を付けて)といいます。オリナコと言いに行くと、みんなアンピンと優しく返してくれます。ありがたい

 

7.hapones ako, pero na ako sa Pilipinas(ハポネス アコ、ペロ ナ アコ サ ピリピナ)

「私は日本人ですが、フィリピンに住んでいます」

日本のことをハポネスというそうです。全然違う!初めて聞いた単語です。

 

来週もがんばろう

できないことが多くて無力感を感じてしまいますが、久しぶりの勉強だし、初めての留学なので、徐々にできるようになっていきたいです。9月に中間の前のテストがあるので、それに向けてコツコツ準備していきたいと思います。