セブ島の女子大学生ブログ

フィリピン、セブ島の大学に通う現地の大学生がリアルな学生生活について書きます。

【セブ島留学生活費】2019年8月+大学の授業料

スポンサーリンク

明日でもう9月も終わりますね。日本は最近、肌寒くなってきたと思いますが、セブはまだまだ暑いです。最近やっと8月分の電気代が確定したので、8月分の生活費を公開しようと思います。

 

 

8月の生活費

86,632ペソ

日本円で約180,141円でした。(1ペソ=2.08円

 

費用の内訳

7月に引き続き、たくさんのお金が出ていきました。悲しい

大きな出費は(以下、全てペソ)

  • インターネット契約:4,500
  • 制服(ズボン、シャツx2):1,500
  • 靴:1,250
  • アロマディフューザー:2,200
  • 家賃&水道&電気:7,276
  • 授業料:51,820
  • 食費:9,134

学校が始まるまでに、よく外食したりカフェに行ったので食費が高くなりました。制服が意外と安いんですよね。ズボンを1着しか買わなかったのは、スカート(未使用)を友人から200ペソで買ったからです。

制服は3着買っている同級生もいましたが、私はあまりものを持ちたくなかったので2着だけです。制服に関しては、また別にブログで書きたいと思います。

アロマディフューザーは蚊の対策です。私はジャングルのそばに住んでいるので、蚊の対策が必須です。家の中でも刺される。デング熱で入院することを考えると、これくらいの出費は必要なのかなと思います(涙)。

www.rimaco.work

 

スポンサーリンク

 

大学の授業料

そして大学の授業料です。サンカルロス大学の授業料は年間で約20万円と言われています。授業料は取っている授業に応じで変わります。また授業料は4分割での支払いが可能です。8月中に一括で支払うと、割引があります。

私の大学は1セメスターで4回試験があります。分割で支払う場合は各試験までに4分の1の授業料を支払う必要があります。もし払えなかったら、試験が受けられないというシステムです。

 

授業料の内訳

授業料に関しても、後日詳しくブログにしたいと思います。簡単に説明すると

  • 単位の数
  • 施設費(特別な教室:パソコン室、体育など)
  • 雑費(図書館代など)
  • 外国人費用

です。外国人は追加で1万ペソ(約2万円)払う必要がありますが、留学生用のクーラーありの部屋が使えます。

 

8月の感想。昔過ぎて忘れました。

最近は宿題がたくさん出たり、毎週何かしらの試験があったり発表があったりして、精神的に余裕がなくてもう8月のことが思い出せません。

ブログにしたいネタはたくさんあるけど、書いている心の余裕もありません。ショッピングモールで見かける、イケイケの日本人留学生が眩しすぎて直視できない。マジ楽しそう。語学留学と大学留学は全く違うんだなという印象。

来月も頑張ろうと思います。