セブ島の女子大学生ブログ

日本産日本育ちの管理人がセブ島の大学に留学。脱サラ大学留学ブログです。

【読書感想】ネガティブな思考を変えたい人におすすめの洋書(翻訳本あり)

スポンサーリンク

英語の勉強と趣味を兼ねて普段から洋書をよく読みます。私のお気に入りの本をこれから、少しずつ紹介したいと思います。今回はネガティブな思考を変えたい人におすすめの洋書です。

 

 

13 Things Mentally Strong People Don't Do

タイトルのインパクトが強いですよね。
メンタルが強い人がしない13のこと
和訳の本のタイトルは”メンタルが強い人がやめた13の習慣”です。
 
私は自己啓発本が好きでよく読んでいます。弱い自分を変えたかったからです。他の人より可愛くないし、お金もない、賢くもないし、学歴もない 
小さなことがとても気になるし、それがずっと頭から離れない。寝る寸前まで、そのことで頭がいっぱいになってしまいます。なんで他の人にはできるのに私だけできないんだろう。
人には相談できないことの答えを本から探そうと思って、この本を手に取りました。
 

おすすめポイント4つ

①難しすぎない文章

英語の試験対策で読む文章は専門用語があったり、複雑な文法があったりして難しいですよね。難しすぎて眠くなります。この本は、それほど難しい表現はありません。
私はほとんど小説を読みません。その理由が『誰が、いつ話したか?』わからないからです。主人公に共感もできない。この本はほとんど著者が語っているだけなので、誰が話しているのかわかりやすいです。
 

スポンサーリンク
 

②具体的な事例

各章の初めに具体的な事例が書かれています。本のタイトルは”メンタルが強い人がやめた13の習慣”ですが、事例に出てくる人は皆メンタルが弱い人ばかりです。カウンセラーでもある著者のカウンセリングを通して、間違った考え方を直しポジティブに考えられるように学んでいきます。
最初からメンタルが強い人から学ぶより、自分みたいに弱い人が強くなっていくストーリーのほうが共感できませんか?弱い人が努力して強くなっていくからこそ、多くの共感が得られると私は思います。
 

③セルフチェック

具体的な事例の後にセルフチェックがあります。これが結構当てはまるんですよね。そうすることで自分の問題を認識できます。全然当てはまらないのなら、その章はスキップしていいでしょう。 
 

④やったらダメなことと良いこと

 そして最後にやったらダメなことと良いことが書かれています。これが簡単で、すぐにでもできそうなことばかりです。今までなんでできなかったんだろう。
自分のことは自分が一番わかっている気でいましたが、実は自分が一番わかっていないんですよね。
 

何度も読み返すことで少しずつ変えられる

 一回読むだけじゃなくて、何度も読み返しましょう。一回だけだと本から学んだことを忘れてしまいます。
洋書の場合は読む回数が増えるにしたがって、スピードが上がるのがわかります。私が一番最初に読んだときは1ページに30分以上かかりました。ですが今では5分もかかりません。『前回よりも速く読めてる』という実感がさらにメンタルを強くさせてくれます。
 

買った場所

 ネットでも購入できますが、私は新宿タカシマヤタイムズスクエアの紀伊国屋で買いました。洋書がたくさんあって、外国人のお客さんも結構いるので、まるで外国に来たかのような気分になります。東京に行くときは、いつも立ち寄るお気に入りの場所の1つです。

 

毎月いろんなフェアが開催されていたり、たまにセールがあるようなのでぜひホームページをご覧ください。

www.kinokuniya.co.jp

 

読書好きな先生と本について語ってみよう!りまこがおすすめのオンライン英会話はBest Teacher

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村